わきが対策

わきがの手術は痛い?種類と費用を考えてクリアネオも検討したい

更新日:

わきがの手術は痛い?

わきがケアにはわきがクリームを利用している方が多く、手軽に試していけるのでおすすめの方法となります。

わきがのケアをするには、わきがクリームだけでなく手術だけでなく吸引や注射など多くの施術があります。

わきがにも軽いものから重度、そしてニオイの種類まで人ぞれぞれなので人によってベターな選択肢が変ってきます。

 

わきが手術って痛いの?施術の保険と値段も比較

わきがの施術には手術も含めてたくさんの方法があります。

多くのものは麻酔をするので痛みはないと言われていますが、手術後は麻酔が切れると痛みが起こるものもあります。

ここでどんなものがあるかを見ていきましょう。

  • ボツリヌス製剤注射
    汗を抑えるためにわきがの気になる箇所にする注射。
    保険適用がないので高額で、効果のある期間も約半年ほどしか持ちません。
  • 剪除(せんじょ)手術
    日本では一般的な手術でわきの下を切開し皮膚を裏返し、アポクリン線があつまる部分を直接取り除きます。
    約8割ほど取れるので効果も期待でき、保険適用もあります。
  • クアドラカット法
    最新の方法で傷跡も少ない手術。
    先端にシェーバーがついた大きい注射みたいなもので、わきの皮膚の裏にあるアポクリン線があつまる部分を吸引して取り除きます。
    手術時間も短くトラブルも少ないのでわきがの子供でも大丈夫です。
    保険適用がなく、高額です。
  • 超音波法
    皮膚を切開して超音波でアポクリン線のある部分を熱で焼いて破壊させます。
    ちょっと怖そうですが、わき毛が唯一残るで男性向きで保険適用があります。
  • ミラドライ
    切開は一切しなくて電子レンジに使われているマイクロウェーブで、汗の線を壊します。
    冷却も同時にするので熱さは感じず、世界中でも行われている施術。
    保険適用がなく、高額です。

こうしてみると切らずにアポクリン腺を壊すクアドカラット法、超音波、ミラドライは、痛みが少ないとされています。

パっと見てみるとクアドカラット法から下のものならすごく良さそうな感じもするのですが、問題は費用です。

最前線のわきが対策の比較

一般的な治療法は、健康保険の適用で一部負担でできる剪除法やシェービング法によるわきが手術。そして、お手軽にできる汗の量を減らすボトックス注射などを簡単に比較してみます。

■わきが治療の値段

ボトックス注射 剪除(せんじょ) クアドラカット法 超音波法 ミラドライ
半年 約8万円 約40万円
※保険適用あり
約40万円 約5万円
※保険適用あり
約35万円

こうしてみると超音波がコスパよい感じもしますね。
これらの治療法はコストも時間も掛かりますし、施術する医師の腕にもよるので慎重にクリニックなどを選ぶべきでしょう。

施術した部位は完治できる場合もありますが、施術できる場所は限られてしまうことも多いんです。

また汗線の再生能力はありがたいことに強いので、再発の可能性もあります。

できる範囲はクリニックによりますので、お近くのクリニックの評判を調べたり何度も納得するまで直接聞いてみたほうがいいでしょう。

 

わきが手術の痛みよりも、再発の心配

人間の体は思ったよりもタフで、体の中では再生するパワーをもっています。

細胞が次々と増えて不足しているものを作り出していくのです。

そうです、アポクリン腺も遺伝子の命令によって再生しようとします。

ですから、手術でアポクリン腺を除去したとしても遅かれ早かれ再生してしまうのです。

デリケートゾーンだでなく手足の汗くさいニオイも心配です。

 

 

わきが手術を心配するなら、わきがクリームのクリアネオがおすすめ

クリニックにいって施術や手術をするのは効果があっても、値段やリスクも怖いもの。傷跡が残るものが多い一方、効果が確実なものなので予算の範囲内で担当医と相談してみるものいいでしょう。

しかし、手術は主に脇がメインでほかのニオイのでる、乳首、陰部などはカバーできませんし、やはりわきがクリームのクリアネオも併用してケアをすることが必要となってくるでしょう。

手術をしたところデリケートゾーンのケアも必要ですし、また再生してくるアポクリン腺のためにも予防線を張っていく必要もでてきます。

手術の跡が気になる場合もクリアネオで様子見をしていくのが一番の選択肢となるのではないでしょうか?

 

-わきが対策

Copyright© クリアネオクリームは効かない?口コミはどうなのか調べてみた , 2019 All Rights Reserved.