汗のにおい

ワキガは夏より冬がやばい?ニオイはどっちを気をつけるべきなの?

投稿日:

冬のワキガ、実は冬のほうが臭う

暑くなってくる気になる汗のにおい、わきがの人なら夏っていイヤなものと思いがち。

しかし夏だけでもなく冬の方がヤバイっていう話もあります。

汗って寒い時期にそんなにかかないものなのに冬も気をつけなければいけないのでしょうか?

 

ワキガは冬臭わない?実は夏より冬のほうが臭う理由

冬にこそ気をつけたいわきが、どうしてわきがの人が冬こそ気をつけなければならないのかちょと調べてまとめてみました。

ワキのムダ毛処理をさぼりがち

わきにある毛は特にたまる汗や細菌が繁殖しやすくなるものです。

空気に触れる表面積が多いと繁殖しやすいのは、カビなんかも同様でご存知のとおりかと思います。

毛がなくなれば通気性もよくなるので、雑菌の増え方を考えるとやはりわき毛は冬もさぼらずに処理していきたいものですね。

わきがで脱毛恥ずかしい
わきがで脱毛は恥ずかしいからサロン行けない、制汗剤とどっちがいいの?

わきがだから脱毛が恥ずかしい 医療脱毛やエステでの脱毛など行ってみたい。 でも自分がわきがで恥ずかしいということで脱毛のハードルが上がっていませんか? わかっているのに清潔にしてさえいれば臭いづらくな ...

続きを見る

夏に比べてケアやシャワーの回数を減らしませんか?

夏になればわきがの人であればお風呂の他に、こまめに汗を拭いたりシャワーを浴びたりとするもの。

冬になれば寒いからまぁ大丈夫かと過信したり、面倒だったりで汗のケアを省いたりしませんか?

夏と同じようにこまめにケアしていかなければいかないところ回数は減ってしまいます。

お風呂でわきがはうつる?
ワキガはお風呂での効果はどう?うつる心配はあるのか

ワキガの洗濯物がうつるようにお風呂でわきがのニオイはほかの人についてしまうのでしょうか? ワキガを自覚しているのならば公共のお風呂でどうすればいいのか気にしてしまうところですよね。 でも、温泉のお風呂 ...

続きを見る

冬は基礎代謝が上がってしまいます

イメージしにくいですが、寒いほうが基礎代謝がよくなります。

というのも人の体温は年中ある程度一定なもの。

だから寒い時期に体温を下げないようにするのは、人の自立神経によって代謝をあげて体温を上げようと代謝を活発にしてくれるのです。

寒くて震えるのは運動して体温をあげようとするように体の内部で体温を上げようとし代謝があがるので、汗もかきやすくなる環境にもなってしまうのです。

 

冬物のインナー、セーターなどの衣類はたいてい臭い

冬の寒い期間は決まったコートをシーズン中ずっと着続けるもの。

たとえ2~3種類あっても、洗いにくいものが多いので冬が終わってクリーニングするまでなど、洗うようなことは少なくなります。

結果その間は汗のニオイがそのまま染み付いたままという状態。

また、厚手のコートの下に着るインナーも暖かい状態で汗をかいても外に逃げずに、そのまま上着につきやすいもの。

日々の積み重ねのニオイとなるといつもより強くなるのは当たり前となるでしょう。

わきが対策の服
ワキガなら服のにおいも気になる、服の選び方は素材にも気をつけたい

わきがは、アポクリン腺から出る汗と周りの雑菌が反応して出る特有のくさいニオイです。 汗がたくさん出る原因と細菌が繁殖しやすい環境をできるだけ予防することが大事となります。 ではどんなところに注意して服 ...

続きを見る

冬の食生活、生活リズムにも原因

忘年会の時期はお酒の飲み過ぎなどの暴飲暴食、また生活リズムがくずれて寝不足になりやすいものです。

特に積雪がある地帯では、いつもより早く起きて渋滞に備えたりと生活リズムがくずれてしまうことがあります。

食事では寒いからといって体を温めるために、ニオイの最大の素となるスパイスや香辛料なんかも多めにとったりしてしまいます。

さらにお腹いっぱい食べたりするアルコールも飲めば普段気をつけているニオイも強くなってしまうことでしょう。

ワキガの対策と生活習慣
わきがの対策おすすめ、安いのにスプレータイプで子供でも大丈夫なわけ

ワキガの対策、生活習慣からくるニオイが気になる 一般的に生活習慣である生活習慣病の原因とは、偏食、運動不足、飲酒、喫煙、ストレスのことを指します。 そしてメタボへのリスクへと繋がっていきます。 これは ...

続きを見る

汗腺の機能が落ちます

冬は夏に比べて水分をとる機会が減ります。

例えばのどが渇いて水分補給をあまりしないし、ビールは夏にうまいのでガブガブ飲んでしまうし。

でも冬は暑いお茶やコーヒーを同じようにガブガブ飲みません。

そうすれば体内の水分は少なくなりがちです。

さらに普通の生活では、運動する機会も減るので、ますます老廃物が体にたまり体内の中にわるい原因がつみかさなってしまう。

そして冬は濃縮な汗をかいてしまいます。
脇から密度が濃い汗が出るのはイメージできますでしょうか?これはケアしないと危険ですよね。

 

わきがでも冬の対策はしっかりしていきたい

夏みたいに汗をかいたという実感がないので、冬は制汗剤を控えめにする感じではないでしょうか?

冬でもこれだけ汗をかく原因が多いのに、夏より汗をかいてないと勘違いし、制汗剤の使用頻度を減らしてしまうのはのは危険です。

わきも当然ながら、体の気になるところは制汗剤、さらに衣類にも消臭スプレーはこまめにしておきたいもの。

とまとめてみると冬のわきが対策は夏と違う切り口で対策していかないとやはりマズイこととなってしまうことがわかります。

あなたも思い当たるところがあれば気をつけながらケアをしていきたいところですよね。

-汗のにおい

Copyright© クリアネオの効果|わきがに楽天の通販でも人気アイテムの実力 , 2019 All Rights Reserved.