汗のにおい

ワキガのにおいにアルコールは関係ある?自分でわかるにおいを消す予防法

更新日:

アルコールが臭いワキガを強くする

アルコールの主成分エタノール自体にもニオイがあり、酒クサーと感じたことはあるかと思います。

アルコールは普通腎臓の機能で処理されるのですが、飲みすぎると処理が追いつかずに分解されずにそのまま体内にまわってしまいます。

やがて全身に回った処理しきれないアルコールは体の外に汗をの成分にまじって外にでて体がお酒臭くなるのです。

 

アルコールの発汗作用がさらに悪い

アルコールをとりすぎると血管が広がり血行がよくなります。
体がとりすぎないように守ってくれているのですね。

そうすると体温が上昇し、酔いがまわってもう飲めないとなってくるわけです。

酔いすぎると発汗作用や利尿効果もでて水分が不足してきます。

つまり汗をたくさんかきながら、水分不足で汗の濃度も濃くなってくるんです。

これでは、わきがでなくとも体臭が漂うって来るのは間違いないですよね。

またバーなんかの商売でお酒を飲ませるところはお酒をたくさん飲んで欲しいから室温をさげて、なるべく酔いがまわらないようにしてるんですよ。

 

アルコールでわきがのニオイを強くさせない予防法

 アルコールを摂り過ぎない

アルコールは、何せ体の汗を濃くしながら汗をかかせてしまう重罪人です。

節度あるアルコールの量はかえって体の健康にもよいとされていますしね。

アルコールを摂ったらなるべく早く酔いをさませてから入浴したい

できればニオイの発生源であるお酒を早く体の中から抜いてスッキリさせたいところですが、血管が広がってしまうので、湯舟に入っているときやあがった後には血管のためによくありません。

お酒のせいでよけいなニオイはなるべくはやく洗い流すようにしたいものですね。

お水をたくさん飲むこと

体内のアルコール濃度を下げるために水分を補給することも大事です。

お酒が強い人は、ウイスキーのあとにチェイサーと称してビールを飲む人もいます。

若いうちはいいのですが、年をとってくると加齢臭のニオイと健康にあまりよくありません。

若いからといって無理も禁物なのですが飲み過ぎないように控えておきましょう。

 

自分でわかるアルコールをとるとわきがのニオイが強くなるまとめ

わきがだけでなく体臭というのはアルコールによってずいぶんと強くなる要素がたくさんあります。

みんなでお酒を飲んで楽しい時間を過ごせることは大変幸せなことですが、わきがであれば一歩ひいて自分のためにもみんなのためにも適度のアルコールで楽しんでいきたいところですね。

-汗のにおい

Copyright© クリアネオは効かない?口コミはどうなのか調べてみた , 2019 All Rights Reserved.