わきが対策

ワキガはミョウバンでも効果あるのか?ホントに改善されるのかを検証

わきがへのミョウバンの効果はどうなのか?

ミョウバンはわきがに効果はあるの?

ミョウバンでわきがに効果はあるのでしょうか?

たしかにわきがを自力で治す方法の一つとして、ミョウバンもあります。

実は、ミョウバンを使ったデオドラントは古くから伝わり、ミョウバンは臭いを抑えたり制汗作用もあるので体臭予防として効果あるものとして使われてたのです。

もちろん、ミョウバンには加齢臭などの体臭予防にも効果があり、世界中で昔からたくさんの人から愛用されています。

 

ミョウバンとはどんなものなのか

わきがに効果のあるミョウバンといっても、どうやって効き目がでるのか?気になりますよね。

ミョウバンには種類があり、一般的なものは硫酸カリウムアルミニウムで昔からある食品添加物「焼きミョウバン」
漬物の変色予防、アク抜きそして煮物の煮崩れ防止として幅広くいろんなお店で売られています。

どのミョウバンを使えばいいのかとなると、どれを使っても同じような効果がでます。

 

わきがへのミョウバンの効果的な使い方

ミョウバンでわきが対策に使うとするとミョウバン水を作って塗るということとなります。

ミョウバン水を毎日のように継続して、脇などの気になるところにスプレーしていくと効果的。

ミョウバンの酸性成分が、わきがの元となる汗を抑え、細菌を殺菌、ニオイを分解してくれるのです。

 

ミョウバン水の作り方

ミョウバン水は昔から体臭予防として使われているので、ミョウバンを成分とした様々なデオドラント商品も販売されているので見たことがあるかもしれません。

ミョウバン水は自分で簡単に作れます。実際に試してみましょう。

ミョウバン水を作るには、ミョウバン粉をお湯で溶かす原液を作ります。

適当にお湯の中でミョウバンを粉を入れ溶けきるまでミョウバン粉を追加します。これは、昔習った飽和溶液というのでしょうか。

溶けるまでギリギリのミョウバン水を作るのです。これで原液のできあがり。

そしたら、お湯で約10倍に薄めます。これも適当な量でOKです。大体な感じで大丈夫です。

この薄めたミョウバン水で冷えたらできあがりで、スプレーの中に入れて使います。スプレーの容器がないときは100円ショップなどで売っているのでなにかのついでに買っておくといいかもしれませんね。

いざ使ってみると、ミョウバンの臭いが気になり、緑茶やレモン水を加える人もいます。

ミョウバンスプレーは万能で部屋の消臭をしたり、服のニオイ消し、また頭の臭い予防などに頭皮にスプレーしても大丈夫なので万能のニオイ消しスプレーとなることでしょう。

ミョウバン水を使った入浴

別府の明礬温泉は、ミョウバンの成分である硫酸カリウムアルミニウムが入っています。

お風呂の中に適度にミョウバン水を入れると温泉気分で入浴を楽しめるかもしれません。

普段使っているバスクリンなどの入浴剤の合間に、たまに使ってみると気分転換にも楽しいかもしれません。ミョウバンは弱酸性のためにアルカリ性の汚れを落としてくれるのでサッパリしますよ。

ミョウバン水で洗濯物

ミョウバン水で洗濯するとアルカリ性の汚れを落とし、カビ予防にもなるので洗濯してから長時間保存しようとするときにピッタリです。

ミョウバンの弱酸性はいろいろ使い道があるので助かりますよね。

 

ミョウバンの副作用

ミョウバンが万能のように書いてきましたがデメリットも少しあります。

ミョウバンの酸性は、洗浄・抗菌作用が非常に高いのですが、肌が荒れてしまって炎症を起こす恐れもあります。

酸性のミョウバンは肌がピリピリしたり感じたりするときもあります。濃度が濃すぎると敏感肌や肌の弱い人はダメかもしれないのでちょうどよく調整したほうがいいですね。

 

わきががミョウバンで悪化?効果が得られない人は

ミョウバン水はニオイ消しとして、はるか昔から万能として使われてきました。

でも酸性のミョウバンは少なからず人によって合う合わないということがあります。

わきがが気になるからと、濃いミョウバン水を作ってスプレーしてしまうと、皮膚が荒れてしまい悪化してしまうというケースも考えられます。

わきがは、お肌の健康にも影響するので肌が荒れてしまっては元もこうもありませんので、保湿も同時に考えてください。

濃度を薄めても改善が見られなければ使用をやめて、保湿成分の入ったわきがクリームなどを検討してみてはいかがでしょうか?

 

-わきが対策

Copyright© クリアネオクリームは効かない?口コミはどうなのか調べてみた , 2020 All Rights Reserved.