クリアネオについて

イソプロピルメチルフェノールはわきがに効く、クリアネオの主成分の効果

更新日:

クリアネオのイソプロピルメチルフェノール

クリアネオに入ってるイソプロピルメチルフェノールとは

デオドラントのいろんな商品に入っている成分は昔「トリクロサン」というものが主流でした。

大手会社の株式会社マンダムでも殺菌できるトリクロサンの研究が進められていて、イソプロピルメチルフェノールとの組み合わせでさらに効果的なデオドラントとして厚労省からの承認を得ていました。

トリクロサンやトリクロカルバンは環境ホルモン作用が指摘され、内分泌かく乱作用や筋収縮異常との関連が懸念されました。

殺菌効果についてはイソプロピルメチルフェノールが有効であったものの、トリクロサンもはずせないほどだったのです。

しかし、平成28年9月2日に米国食品医薬品局がトリクロサンなどの19種類の殺菌成分に発がん性やほかの環境ホルモン作用に問題があるとして、アメリカ国内にて販売規制したのです。

これを受けて日本国内でもトリクロサンを含まない殺菌剤への切替えがすすみ、イソプロピルメチルフェノールとほかの成分との研究に切り変わったのでした。

 

イソプロピルメチルフェノールを使っている商品

イソプロピルメチルフェノールは殺菌性が強力で、いろんな殺菌、カビなどに長時間効果が持続するので重宝されています。

医薬部外品として生活に身近な殺菌効果をもつものとして幅広く使われています。

シャボネットなどのハンドソープやメンソレータムなど聞いたことのあるものから、ニキビ予防の化粧水や靴のニオイ予防スプレー、
またお風呂のカビ予防などにも使われているのです。

特に注目したいのが、頭のニオイ予防のための薬用シャンプーやデオドラント向けのボディーソープです。

ニオイ対策として今は注目されていて、ニオイの元となる細菌を殺菌できる成分で他に追随するものがありません。

 

イソプロピルメチルフェノールの問題点

 

肌フローラのバランスの破壊

人間にある細菌である常在菌には善玉菌と悪玉菌があります。

悪玉菌が悪さをする一方バリアの役目をするなどよい働き細菌もあり、イソプロピルメチルフェノールのよって善玉菌もまとめて殺菌してしまうのです。

この肌フローラのバランスが崩れると肌が荒れてしまったりとよくありません。

参照 ヒトの環境フローラ
http://www.jchm.jp/humanFloraMap.pdf

皮脂成分により殺菌効果が大きく減少

イソプロピルメチルフェノールは、皮脂成分などの油分があると殺菌力が低下することが分かっています。

皮脂が多く出る頭皮や脇はイソプロピルメチルフェノールだけでは効果が薄まってしまいます。

そこで、パラフェノールスルホン酸亜鉛を組み合わせることに皮脂が分泌される汗が出ないようにできることが分かったのです。

 

クリアネオの主成分イソプロピルメチルフェノールの働き

クリアネオの主成分はイソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれています。
ですから、殺菌効果が弱わらないので安心です。

さらに、制汗作用の中にもアポクリン汗腺を抑制させるALP活性というものをセージ、アルテア、オウゴン、ローマカ、ミツレなどの植物エキスからも取り入れています。

汗をかかないようにしながらも、イソプロピルメチルフェノール本来の殺菌効果でわきがを対策できるものとしてキチンと工夫されているんですね。

-クリアネオについて

Copyright© クリアネオの効果|わきがに楽天の通販でも人気アイテムの実力 , 2019 All Rights Reserved.